非結核性抗酸菌症の改善方法

非結核性抗酸菌症を改善する方法の特許取得

特許番号:特許第6818924号

特許権者:栃木県栃木市大平町西水代2895番地

     植竹 豊

 登録日:令和3年1月5日

 非結核性抗酸菌症を改善する有効成分を肺に取り込むことによって改善に関するものである。

 本発見を肺に取り込んだ非結核性抗酸菌症患者の胸部レントゲンの状態には改善が見られた。

 本発見にかかる改善方法を用いた非結核性抗酸菌症び改善方法によれば、従来改善できないとされた非結核性抗酸菌症の症状を改善に向かわせることを可能とし、年間約2万人の改善に繋がると期待される。通気性の悪い住宅が増え、ますます非結核性抗酸菌症も増えています。

 

 

「出口の見えないトンネルはない」

 

詳しくは特許情報プラットフォームをご覧ください。

 

植竹 豊

栃木県栃木市大平町在住

アジサイハウジング協同組合理事長を務める

 

改善後の肺の状態


非結核性抗酸菌症とは

結核菌と同じグループに属する菌で起こる肺の病気です。咳・痰・微熱・倦怠感・血痰・体重減少などの症状が出てきます。

以前は結核など肺に傍記を持つ人に多くみられていたが、近年、肺に病気が無い人、特に中高年の女性を中心に目立って増加してている。ここ最近20年間でおよそ6倍に増加しており、2014年には1万5千人が発症したと言われている。

非結核性抗酸菌症の症状は、10年以上かけてゆっくり進行し、完全に治すことが難しい経過の長い病気と言われている。

有効な改善方法が少なく困っている患者が数十万人もいる。

製薬会社の方々ご協力お願いします

TEL: 0282-43-6671/090-2734-7639

MAIL: cizen-megumitomo@cc9.ne.jp

住所: 栃木県栃木市大平町西水代2895